県リーグ 後期9節 vsグラシア相模原

日曜日は県リーグ最終節をグラシア相模原さんと戦いました。

残留をかけた最後の試合です。

勝ち以外は降格です。

 

県リーグ後期9節 vsグラシア相模原 @小山公園 17:00kick アウェイ

先発メンバー

 

 

前半 1-3 けんと

後半 2-2 そうま、りょう

total 3-5

 

惜しくも、敗戦です。

 

前半

31分 失点0-1
34分 健人1-1
37分 失点1-2
44分 失点1-3

緊張感のある雰囲気で、試合が始まります。お互い体を張り、五分五分の流れ。固くなっているのかミスが増えてくるのと、グラシアの個の力に、少しづつ相手ペースになります。

裏へ抜けられシュートされる場面が増えます。

その流れから30分に失点。

このままリズムが悪くなるのかと思った直後に、右サイド深い位置からそうま山なりクロス→中央に走りんこんでいたけんと、ドンピシャの強烈ボレーが決まり、1-1。

あれは今シーズン1のゴールではないかぐらいの美しいゴールでした!

しかし、その後もリズムは変わらず責められます。37分、44分に立て続けに失点。相手の15番の3点目のゴールは敵ながら鮮やかでした。3人抜きからのゴールでした。

HT 飛鳥→龍

後半

51分 相馬2-3
59分 失点2-4
64分 相馬→裕司
69分 失点2-5
80分 とく→かず
84分 26直輝→てる
44分 龍3-5

後半は攻める時間が少し増えます。すると51分、左サイドとくカットインで1人交わしてからのシュートはキーパーに弾かれバーに、そのこぼれ球をそうまが頭で押し込み、2-3。

しかし直後に強烈FKを決められ、2-4。

ゆうじ、かずを入れて勝負に出ます。惜しいシーンは増えますかま、追加点が奪えません。

前がかりになっているところをやられ、2-5。

それでも諦めずに点を取りにいく港北。

終了間際にりょうのCKが直接入り、3-5としますが、ここで試合終了です。

 

 

結果は厳しいものになりました。順位を上げることができず、10チーム中、9位で今シーズンは終わりです。

降格の可能性が高いのですが、神奈川から関東昇格チームが出たり、関東リーグからJFLへ上がるチームが出たりした場合に、残留する可能性もわずかに残っています。

そこは待つしかないので、来シーズンへ向け、頑張っていくしかないです。

あとは結局、今の実力で残ったとしても来年も確実に同じような結果になると思います。

実力を積み上げられるように、チームで取り組んでいきましょう☆